水分補給がこまめにできて便秘もよくなる!

夏は気温が高く、自然に喉が乾き意識的にも熱中症予防をして、こまめに水分補給をしていると思いますが、冬も意外と汗をかいているので外出先から帰った後や寝起きなどこまめに水分を取れるのが理想です。

たいてい、冬の寒い時期は衣類も厚着になり、外気は寒くても服の中や靴下の中は温まり、しっとり汗をかいているものです。

また、冬の暖房は部屋を暖めますが空気中や皮膚の表面から水分は奪われているので気温が低い冬でも意識して水分摂取できるのが理想です。

体内の水分が少なくなると脱水より前に口の中が乾いて臭いを出しやすくなったり便秘を起こしたりします。

寒いと冷たいものは口にしたくないですが、一日の中で温かいものを少量ずつ飲めるといいと思います。

ウォーターサーバーがあれば、少量のお湯でもすぐに注げて、こまめに温かいものが飲めます。

意識しないと、冬場の水分補給は忘れ去られがちなので、うちではリビングの一番、目立って目に入りやすい場所に設置しています。

目に入れば、「飲もうかな」と無意識に感じさせ、手が伸びるだろうし、それが習慣化していくことが私の一番の狙いでした。

冬場の寒い時に口から出る白い息は、口腔内、ないし体内の水分です。

呼吸をしているだけでみんな水分を体外に放出しています。

わたしは、冷え性で便秘症でした。

それにもともと、そんなに水分量を飲めるほうでもなく思い返してみると、冬場は寒いのでお湯を沸かすためにキッチンに行くのも億劫でしたので、今思えば信じられないですが、一日に一度も水分を取らない日もありました。

でも、ウォーターサーバーがあれば、お湯はマグカップに注ぐだけで身体は温まるし、夏は冷水、冬はホットとシーンに合わせてすぐ用意できるのがウォーターサーバーの魅力のひとつです。

私は実際にかなり便秘が少なくなったと思います。

少しずつ身体を温めていたことと体内が水分不足になっていないからだと思います。

そして、骨を作るのにも血液をつくるのにもミネラルが必要不可欠で、夏も冬も一年を通してミネラル不足にならないように栄養管理するためには、ミネラル摂取を習慣化できれば日々、健康な身体でいられます。

ご高齢の方も、冬は病気になりやすいものです。

水分が足りないと、血液の循環も悪くなり、脳梗塞や、心筋梗塞を起こすリスクも高まります。

いつもの風邪もこじらせたらこわいので、日々常にミネラルをとって免疫力を維持していければと思います。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします♪

タグ


このページの先頭へ