アクアクララを無料お試しで設置してみました!家族の反応は?

ウォーターサーバーを導入するにあたり、家族の反応も様々だと思います。

全員が賛成してくれればいいですが、我が家の場合、最初なかなかそうはいきませんでした。

「水道水に不安はあるけど、ウォーターサーバーはお金もかかるし、市販の浄水器で十分じゃない?」

ウォーターサーバーの設置を主人に相談した時に返ってきた言葉です。

しかし、私は水道水に不安がありました。

原発事故の影響で、セシウムの汚泥が出ている川の水を、いくら浄水場でろ過しているからと言っても本当に大丈夫なのか?

検査体制も週2回、台風などで、川の水が舞い上がった時も本当に安全と言えるのか?

また、マンションの貯水槽や古い配管に関しても不安がありました。

そこで、アクアクララの無料体験だけでも、と主人にお願いしてみたところ、「まぁ、無料なら・・・」と主人も反対せず、とりあえず設置してみることになりました。

使い始めてみると、主人も嫌ではなさそうでした。

むしろ、サーバーの水が美味しいと言って水筒に入れて会社に持って行くほどです。

また、サーバーのお湯で入れたお茶も美味しいと言って喜んで飲んでいました。

一方、小学生の息子も、以前よりよく水を飲むようになりました。

学校の友達が来ると、サーバーが珍しいのか、水が美味しいのか、競うようにみんなで水を沢山飲みます。

私はと言うと、冷え症なので、いつもお湯ばかり飲んでいます。

お客様がいらした時も、お湯を沸かす手間が省けてとても便利です。

そんな感じで、ウォーターサーバーは我が家になくてはならないものになりました。

無料体験をしてみなかったら、便利さやお水の美味しさはわからなかったと思います。

もし、設置を迷われているようでしたら、ぜひ無料体験だけでもしてみてはいかがでしょうか?

無料お試しでは、ウォーターサーバーと、ウォーターボトル1本を無料で届けてくれます。

ウォーターサーバー

タグ

ウォーターサーバーの電気代って?実際いくら位かかってるの?

お湯と冷水がいつでも好きな時に使えるウォーターサーバー。

とても便利で使い勝手はいいのですが、設置するにあたり、実際どのくらいの電気代が毎月かかるのか、気になるところですよね。

ウォーターサーバーの電気代は、メーカーや機種、またその方の使用頻度により違ってきます。

使用頻度が高ければ、沢山の水を温めたり、冷やしたりしないといけないので、電気代はそれだけかかってしまいます。

だいたい1月平均で1,000円位、省エネタイプの機種ですと、350円程で済むようです。

我が家では、「アクアクララ」から出ている省エネタイプの機種「アクアアドバンス」を使用しています。

サーバー使う時間がまちまちなのと、猫舌の私や子供には70度位のお湯で十分という理由で、いつも省エネモードに設定しています。

通常時、温水の温度が85~90度に対し、省エネ運転中は、70~75度です。

省エネモードにしていても、温水を一時的に高温に加熱することができる「加熱ボタン」がついているので、急なお客様や、高温のお湯が使いたい時にも慌てる必要はありません。

そんな我が家のウォーターサーバーにかかる電気代はと言うと、使い始めて8ヶ月になりますが、実際よくわからないのです。

ウォーターサーバーをまだ使用していなかった前年と比べてもあまり変化が無いので、数百円程度ではないかと思います。

これは、ウォーターサーバーを使用するようになり、電気ポットを使わなくなったのも影響しているかもしれません。

タグ

決め手はミネラル?!ミネラルウォーターの味の違いとは?

皆さんは、水の味の違いがわかりますか?

「水に味なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、水は含まれるミネラルによって、味が違います。

私たちが普段口にしている水には、沢山のミネラルが含まれています。

その量とバランスで、美味しく感じたり、飲みづらく感じたりするのです。

一方、ミネラルが全く含まれていない水というのは、あまり美味しく感じられません。

一般に、カルシウムとマグネシウムの量が多い水は硬水、少ない水は軟水と呼ばれています。

日本の水道水は、軟水で、だいたい硬度は50~60。

したがって、多くの日本人は、軟水を美味しいと感じる様です。

一方、外国は、ミネラルの多い硬水の場所が多いようです。外国で、日本人が水を飲んでお腹を壊すのはこのためです。

ちなみに、私たちが普段よく飲んでいるミネラルウォーターの硬度は次のようになります。

南アルプス天然水30、六甲のおいしい水32、クリスタルカイザー38、ボルヴィック60、エビアン291、ヴィッテル315、ペリエ401、コントレックス1468です。

ウォーターサーバーの水の場合はどうでしょうか?

例えば、アクアクララの場合、硬度は29.7です。

含まれるミネラルの内訳は、カルシウム9.8mg/L、ナトリウム5.0 mg/L、カリウム1.7 mg/L、マグネシウム1.2mg/Lです。

活性炭フィルターや、中空糸膜、逆浸透膜(RO膜)で水道水をろ過した後、ミネラル成分が加えられ美味しい水に仕上げられています。

2012年度国際味覚審査機構で、「優秀味覚賞」を受賞したのも納得の結果です。

このように、水は含まれるミネラルによって、全然味が違ってきます。

色々試してみて、自分の好みの味を探してみても面白いかもしれませんね!

タグ

このページの先頭へ