ウォーターサーバーの電気代って?実際いくら位かかってるの?

お湯と冷水がいつでも好きな時に使えるウォーターサーバー。

とても便利で使い勝手はいいのですが、設置するにあたり、実際どのくらいの電気代が毎月かかるのか、気になるところですよね。

ウォーターサーバーの電気代は、メーカーや機種、またその方の使用頻度により違ってきます。

使用頻度が高ければ、沢山の水を温めたり、冷やしたりしないといけないので、電気代はそれだけかかってしまいます。

だいたい1月平均で1,000円位、省エネタイプの機種ですと、350円程で済むようです。

我が家では、「アクアクララ」から出ている省エネタイプの機種「アクアアドバンス」を使用しています。

サーバー使う時間がまちまちなのと、猫舌の私や子供には70度位のお湯で十分という理由で、いつも省エネモードに設定しています。

通常時、温水の温度が85~90度に対し、省エネ運転中は、70~75度です。

省エネモードにしていても、温水を一時的に高温に加熱することができる「加熱ボタン」がついているので、急なお客様や、高温のお湯が使いたい時にも慌てる必要はありません。

そんな我が家のウォーターサーバーにかかる電気代はと言うと、使い始めて8ヶ月になりますが、実際よくわからないのです。

ウォーターサーバーをまだ使用していなかった前年と比べてもあまり変化が無いので、数百円程度ではないかと思います。

これは、ウォーターサーバーを使用するようになり、電気ポットを使わなくなったのも影響しているかもしれません。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします♪

タグ


このページの先頭へ